Office365

SPF の設定

Office365で独自ドメイン(カスタムドメイン)を紐づけている場合は、以下の SPF レコードを設定します。

v=spf1 include:spf.protection.outlook.com -all

なお、SPFレコードに設定する内容は以下の手順で確認することができます。

  • Office365 にサインインします
  • 「管理者」をクリックします
  • 「設定」を展開し、「ドメイン」をクリックします
  • 表示されている独自ドメインをクリックします
  • 「Exchange Online」に設定すべき SPF レコードが表示されます

DKIMの設定

Office365で独自ドメイン(カスタムドメイン)のDKIM設定をするためには、3つの手順が必要です。

1.セレクターを確認する

  • Office365 にサインインします
  • 「管理者」をクリックします
  • 「管理センター」を展開し、「セキュリティ」をクリックします
  • 「脅威の管理」を展開し、「Dkim」をクリックします
  • 表示されている独自ドメインを選択し、「このドメインのメッセージに DKIM 署名を追加します」の「有効にする」をクリックします

CNAME レコードは未設定のため、以下のようなメッセージを表示します。

2.CNAME レコードを登録する

前の手順で表示されたドメイン名を CNAME レコードに設定します。Office365の場合は、セレクターとして「selector1」「selector2」の2つを設定します。

ホスト名
selector1. _domainkey.独自ドメイン名 メッセージに表示された、「selector1」ではじまるドメイン名
例)selector1-xxxxx._domainkey.xxxxx.onmicrosoft.com
selector2. _domainkey.独自ドメイン名 メッセージに表示された、「selector1」ではじまるドメイン名
例)selector1-xxxxx._domainkey.xxxxx.onmicrosoft.com

CNAME レコードで設定した「*.onmicrosoft.com」の TXT レコードにはあなたの独自ドメインに関するDKIM公開鍵情報が設定されています。

3.DKIM を有効にする(*1)

  • Office365 にサインインします
  • 「管理者」をクリックします
  • 「管理センター」を展開し、「セキュリティ」をクリックします
  • 「脅威の管理」を展開し、「Dkim」をクリックします
  • 表示されている独自ドメインを選択し、「このドメインのメッセージに DKIM 署名を追加します」の「有効にする」をクリックします

「このドメインのメッセージにDKIM署名を追加します」が「有効」になれば、DKIMの有効化は完了です。

DMARCの設定

独自ドメイン(カスタムドメイン)のSPFおよびDKIMの設定が完了しましたら、DMARCの設定を行います。

v=DMARC1; p=none; rua=mailto:xxxxxx@独自ドメイン

DMARCの設定については本サイトの以下のページを参考にしてください。

*1

Office 365 で DKIM を手動でセットアップする方法
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt695945(v=exchg.150).aspx#Anchor_1